債務整理の費用は少額。まずは無料法律相談へ

個人が持っているお金の管理は、大人であれば自分自身で行うのが普通です。

しかし、日本の学校などでは通常「お金をどう管理するか」教育することはありません。
お金の使い方を憶えるには、自分が育った家庭で教わるか、周囲の大人のすることを見て、見よう見まねでなんとなく憶えるという形が多いのではないでしょうか。

つまり、ほとんどの大人は、お金の使い方をなんとなく身につけた「金銭管理のアマチュア」なのです。

一方、弁護士や司法書士は、金銭管理やお金の法律に詳しい専門家。「金銭管理のプロフェッショナル」であり、
アマチュアの金銭管理が行きづまったとき、助言を与えて生活を立て直す力量を持った先生たちなのです。

消費者金融による多重債務者が弁護士に債務整理を依頼している時、消費者金融が督促を行うと解約できるという法律があります。
弁護士に債務整理の相談をすると、消費者金融は督促の電話や取り立ての訪問ができなくなるのです。

消費者金融の督促状が届くと、借金の時効は5年間伸びます。
この時効の延長は何度でも行うことができます。弁護士に相談しないと、督促の電話や訪問が5年間続くのです。

債務整理の費用は少額なので、まずは一日も早く無料法律相談に行って、お金のプロに解決してもらいましょう!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ