ヤミ金融からの融資は、弁護士に相談しましょう。

やみ金融は、もともと違法な利息で貸付を行っています。
取り立て方法も違法なことが多いのです。例えば、必要な電話、やくざ風の男たちの待ち伏せ、訪問、怒鳴りつけ、または、ほかのヤミ金融でさらに融資を受けさせるなどです。
よくあるのは、借りたあなたの勤め先への電話や、親戚にまで迷惑をかける場合もあります。
さらにひどい場合には、あなたの住所や電話番号、勤務先や年収などの個人情報を、世間に流出させ、この情報を売る業者もいるのです。
ネットなどに流れてしまった場合には、止めることはできません。
これは、検索エンジンなどが、海外の業者であるために、法律で食い止めることが難しいからなのです。

ヤミ金融とかかわってしまった場合、専門家への相談を早急に行ってください。
例えば、取立ての時には、住居侵入罪、不退去罪、暴行罪など刑法に触れる行為が行われる場合があります。
そのような時には、すぐに警察へ通報し、助けを求めましょう。
事前に付近の交番へ事情を話し、巡回してもらうことも大切です。
ヤミ金融で一度融資をしてもらった方は、ほかにも複数のヤミ金融から融資を受けている場合があります。
弁護士に相談すれば、ヤミ金融に電話をして、取立てをやめるように交渉することもあります。
弁護士からの電話で、取立てをやめる業者も多いのです。
しかし、中には粘る業者もいますので、1時間以上のやり取りを必要とすることもあるのです。
複数の場合には、かなりの時間が必要になります。
自分で弁護士を探してもいいですが、日本司法支援センター(法テラス)の事務所、弁護士会の相談センターなどに、相談をすることも
効率的な方法です。
弁護士への以来の際には、業者名、住所や電話番号、FAX番号、いついくらお金を借りてどのように支払いをしたのかなどの詳細を説明してください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ