オリックス銀行カードローンのネット審査。その場ですぐに申し込める?

最近ではカードローンのお申し込みがインターネットで出来るところも増えてきて、好きな時間に申し込むことが出来るようになってきていますが、これがお申し込みのみならず、審査までインターネットで出来れば、全く人と顔を合わせることなくお金を借りることが出来るので、とても便利になってきます。
そこで、今回はオリックス銀行のカードローンを取り上げ、このカードローンではインターネットを使っていつでもお申し込みをすることができ、審査も終わらせることが出来るのか?ということ、そして、お申し込みをしてから審査が終わるまでのプロセスについても見ていくことにします。
まず、今回の内容に関連して覚えておいていただきたいものに、“インターネット審査”というものがあります。
この言葉に関しては、カードローンのことを調べたことがある方なら、聞いたことがあるかもしれません。
誤解しないでほしいのは、これは決してインターネットの中で審査が実施されるものではないということです。
インターネット審査というのは、お申し込みをした後から、審査が終わるまでの間、紙の書類を提出したり、人と会ったりすることがないことを指します。
近頃では、お申し込みに関しては、インターネットで行なえる会社が沢山存在しています。
今回のオリックス銀行では、カードローンのお申し込みはインターネットでしか受け付けていませんし、さらに審査の合否についてもEメールで知らされる為、前述の条件に当てはまり、インターネット審査と呼ぶことが出来ます。
では、実際にはどのようなプロセスで審査が終わるところまで行くのか見ていくと、先ほどもお話した通り、お申し込みはインターネット以外から行なうことが出来ません。
他の会社のカードローンですと電話、郵便といった様々な方法が用意されていますが、オリックス銀行のカードローンではこれしかありません。
ただ、インターネットという特性から、カードローンのホームページから、お好きな時間にお申し込み可能といったメリットがあります。
お申し込みの操作手順も至ってシンプルなものとなっており、名前や生年月日等の情報を入れていくだけでお申し込みを済ますことが出来ます。
お申し込みが済んだ後は、お申し込み時に入力したアドレス宛にメールが来ることになっています。
ここで、この後に行なわれる審査の合否をメールで知らせてほしい方は、届いたメールの本文の中に、届いたことを確認する為のリンクがありますので、必ずクリックして下さい。
クリックしないと届いたことが確認されない為、電話や郵便で合否が知らされることになるので、インターネット審査とは呼べなくなってしまいます。
メールが届いた後は、いよいよ審査へと移ることになり、実際にはオリックス銀行と保証会社で審査が行なわれることになります。
当然、この審査の中には在籍確認が含まれていて、勤め先へ電話をされることになります。
そのため、在籍確認を不安に思われる方が大勢いらっしゃるようですが、勤め先への電話といっても、オリックス銀行では、“オリックス銀行”という会社名は名乗ることなく、個人名で話すようにしていて、電話によってカードローンの利用を他の社員に知られるということはまずありませんので、変に心配する必要はありません。
こうして、在籍確認が終了次第、審査が終わることになります。
審査が終わった後は、お申し込みの時と同様、メールで連絡が来ることになっていますが、先ほどの届いたことを確認する為のリンクをクリックしていないと、メールでは連絡が来ないことになり、郵便または電話となります。
最後にまとめとしまして、今回は“インターネット審査”をテーマにオリックス銀行のカードローンでは、インターネット審査は行なわれているのか?等について見てきました。
オリックス銀行のカードローンは、インターネットでのみお申し込みを受け付けており、審査が行なわれた後の合否の連絡についても、メールで届くことからインターネット審査が行なわれていると見ることが出来ます。
審査の中では、勤め先に電話をする在籍確認が行なわれますが、オリックス銀行では会社名は名乗らずに電話をかけてくるので、会社の他の人にカードローンの利用を知られるという心配は必要ありません。
このようにオリックス銀行のカードローンでは、インターネット審査が出来ることから、場所や時間にとらわれずにお申し込みをすることが出来ますので、人目が気になる方にとっては特にお勧めしたいカードローンとなっています。
ただ、お申し込みが完了した後に届くメールの本文の中にある“届いたことを確認する為のリンク先”をクリックするのだけは忘れないで下さい。
これを行なわないと審査の合否等が郵便もしくは電話で来ることになってしまいます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ